LA DEMOCRATISATION CULTURELLE

Par Sébastien Zonghero
dimanche 15 janvier 2006
par  Sébastien Zonghero
popularité : 7%

La notion de service public de la culture s’enracine dans la Constitution française dont le préambule stipule que "la nation garantit l’égal accès de l’enfant et de l’adulte à l’instruction, la formation professionnelle et à la culture". La mise en œuvre de ce principe s’impose à la Nation au sens le plus large, du gouvernement aux collectivités territoriales, en passant par les institutions publiques. Elle appelle de l’ensemble des pouvoirs publics, un investissement massif dans leur rôle de régulateur. Dans la dynamique de développement culturel, la légitimité de ces interventions doit être réaffirmée avec force.

Les diverses lois de décentralisation ont permis aux collectivités territoriales de prendre, aux côtés de l’Etat, une part croissante dans le financement et l’animation des politiques culturelles. Afin de veiller davantage au maintien de l’unité nationale, cette dualité des intervenants publics impose aujourd’hui, la refonte du partenariat entre les collectivités et l’Etat dans un souci de lutter avec plus d’efficacité contre les inégalités territoriales d’accès à l’art et à la culture encore trop nombreuses.

Les préoccupations d’aménagement du territoire doivent être plus volontaristes de façon à faire disparaître de notre territoire les zones particulièrement déficitaires en matière d’équipements culturels. A ce titre, un certain nombre d’outils contractuels mis à l’œuvre au fil des années, conventions de développement culturel, contrats de plans, contrats de ville ou d’agglomération, chartes de service public, doivent davantage être utilisés comme moyen de remédiation.

Au-delà du soutien à la création contemporaine, où l’impératif de préservation de la diversité culturelle doit légitimer et guider l’action publique, le plein exercice de la démocratisation culturelle exige que chacun puisse être, selon son désir et son talent, consommateur ou acteur de sa culture. Là encore, le service public doit davantage jouer son rôle tant en développant les pratiques en amateurs, à la fois source d’épanouissement personnel et facteur d’intégration sociale, que l’éducation artistique et culturelle, qui ne concerne aujourd’hui qu’une minorité de nos concitoyens. La rencontre sans éducation et médiation avec l’œuvre d’art et le patrimoine culturel demeure encore trop souvent la règle dans nos institutions culturelles. L’accès du plus grand nombre à la Culture ne pourra porter ses fruits sans une profonde rupture politique avec les méthodes traditionnelles d’approche des publics. Le développement de l’éducation artistique, dans et en dehors du système scolaire, est en la matière un puissant levier de remédiation. Par éducation artistique, on entend l’apprentissage et l’assimilation des codes culturels, la capacité d’analyse, la compréhension des techniques et, plus généralement, tout ce qui permet à chacun de former sa sensibilité et son jugement critique.

Dans une société où les repères éclatent sous diverses pressions et quand la relégation économique et sociale s’accompagne presque mécaniquement d’une relégation culturelle, la quête de sens, de liens sociaux s’impose encore plus fortement. Cela pose l’exigence démocratique d’accès de plus grand nombre à la culture avec une nouvelle acuité. La culture doit être un élément moteur du mouvement de la société, au cœur de la cité, au plus près du quotidien de chacun. Il s’agit là d’un devoir impérieux de la démocratie, qui ne saurait accepter que la culture reste le territoire réservé d’une minorité favorisée.


Commentaires

Logo de インプラント
lundi 29 décembre 2008 à 19h57 - par  インプラント

茨木市 インプラント/貝塚市 インプラント/高石市 インプラント/高槻市 インプラント/阪南市 インプラント/堺市 インプラント/四條畷市 インプラント/松原市 インプラント/寝屋川市 インプラント/吹田市 インプラント/泉佐野市 インプラント/泉大津市 インプラント/大阪狭山市 インプラント/大阪市 インプラント/大東市 インプラント/池田市 インプラント/東大阪市 インプラント/八尾市 インプラント/富田林市 インプラント/豊中市 インプラント/枚方市 インプラント/箕面市 インプラント/和泉市 インプラント/大阪市 阿倍野区 インプラント/大阪市 旭区 インプラント/大阪市 港区 インプラント/大阪市 此花区 インプラント/大阪市 住吉区 インプラント/大阪市 住之江区 インプラント/大阪市 城東区 インプラント/大阪市 生野区 インプラント/大阪市 西区 インプラント/大阪市 西成区 インプラント/大阪市 中央区 インプラント/大阪市 天王寺区 インプラント/大阪市 都島区 インプラント/大阪市 東住吉区 インプラント/大阪市 東成区 インプラント/大阪市 東淀川区 インプラント/大阪市 福島区 インプラント/大阪市 北区 インプラント/大阪市 淀川区 インプラント/大阪市 浪速区 インプラント/大阪市 北区 小松原町 インプラント/大阪市 北区 西天満 インプラント/大阪市 北区 曽根崎新地 インプラント/大阪市 北区 大淀南 インプラント/大阪市 北区 中津 インプラント/大阪市 北区 天神橋 インプラント/大阪市 北区 堂島 インプラント/大阪市 北区 梅田 インプラント/大阪市 中央区 瓦町 インプラント/大阪市 中央区 高麗橋 インプラント/大阪市 中央区 今橋 インプラント/大阪市 中央区 上本町西 インプラント/大阪市 中央区 城見 インプラント/大阪市 中央区 心斎橋筋 インプラント/大阪市 中央区 西心斎橋 インプラント/大阪市 中央区 大手前 インプラント/大阪市 中央区 谷町 インプラント/大阪市 中央区 天満橋京町 インプラント/大阪市 中央区 道修町 インプラント/大阪市 中央区 南船場 インプラント/大阪市 中央区 難波 インプラント/大阪市 中央区 備後町 インプラント/大阪市 中央区 北浜 インプラント/大阪市 中央区 北浜東 インプラント/大阪市 中央区 本町 インプラント

Site web : インプラント
Logo de インプラント
dimanche 28 décembre 2008 à 20h35 - par  インプラント

東京都 港区 インプラント/東京都 荒川区 インプラント/東京都 国分寺市 インプラント/東京都 三鷹市 インプラント/東京都 渋谷区 インプラント/東京都 新宿区 インプラント/東京都 杉並区 インプラント/東京都 世田谷区 インプラント/東京都 千代田区 インプラント/東京都 台東区 インプラント/東京都 大田区 インプラント/東京都 中央区 インプラント/東京都 中野区 インプラント/東京都 町田市 インプラント/東京都 調布市 インプラント/東京都 八王子市 インプラント/東京都 板橋区 インプラント/東京都 品川区 インプラント/東京都 武蔵野市 インプラント/東京都 文京区 インプラント/東京都 北区 インプラント/東京都 墨田区 インプラント/東京都 目黒区 インプラント/東京都 北区 インプラント/東京都 品川区 インプラント/東京都 墨田区 インプラント/東京都 新宿区 インプラント/東京都 渋谷区 インプラント/東京都 杉並区 インプラント/東京都 世田谷区 インプラント/東京都 台東区 インプラント/東京都 中央区 インプラント/東京都 千代田区 インプラント/東京都 中野区 インプラント/東京都 文京区 インプラント/新宿区 四谷 インプラント/新宿区 新宿 インプラント/新宿区 西新宿 インプラント/

渋谷区…
新宿区 恵比寿 インプラント/新宿区 渋谷 インプラント/新宿区 上原 インプラント/新宿区 代々木 インプラント/新宿区 道玄坂 インプラント/新宿区 富ヶ谷 インプラント/杉並区 阿佐ヶ谷 インプラント/杉並区 阿佐谷北 インプラント/杉並区 高井戸 インプラント/杉並区 高円寺 インプラント/杉並区 上井草 インプラント/世田谷区 玉川 インプラント/世田谷区 上馬 インプラント/世田谷区 成城 インプラント/世田谷区 千歳台 インプラント/世田谷区 中町 インプラント/千代田区 丸の内 インプラント/千代田区 紀尾井町 インプラント/千代田区 神田 インプラント/千代田区 二番町 インプラント/千代田区 飯田橋 インプラント/千代田区 平河町 インプラント/八王子市 旭町 インプラント/八王子市 高倉町 インプラント/八王子市 子安町 インプラント/八王子市 打越町 インプラント/八王子市 八日町 インプラント
Site web : インプラント
Logo de FX用語
mardi 23 décembre 2008 à 16h18 - par  FX用語

アイザー・ウェイ/相対取引/アウトライト/アナリスト/アノマリー/委託介入/委託手数料/インカムゲイン/インサイダー取引/インターバンク市場/ウィークオーダー/ウォールストリート/受渡日/売上高営業利益率/エマージング市場/エリオット波動理論/円建て/円高/円安/追証/オイルマネー/&nbsp欧州連合/オプション取引/オンライントレード/赤字国債/OAPEC/悪徳商法/頭金/アパート経営/イスラム金融/インポッシブルトリニティ/インデックスファンド/異業種参入/イールドスプレッド/失われた10年/薄商い/ウルグアイラウンド/上放れ/売りオペレーション/円の国際化/円キャリー取引/LDC/エコファンド/営利原則/オイルショック/オルタナティブ投資/欧州復興開発銀行/大株主/オピニオンリーダー/外貨準備/外国為替証拠金取引/外国人投資家/カルテル/為替/キウィ/機関投資家/基軸通貨/規制緩和/キャピタルゲイン/クォート/口先介入/クロス取引/グローバル・ソブリン/景気/経済成長率/経常黒字/現受け・現渡し/高金利通貨/好材料/公定歩合/国内総生産/購買力平価/買い支え/兜町/外部金融/買方金利/企業買収/キャッシュフロー/キャピタルフライト/恐怖指数/金融ビッグバン/グローバリゼーション/黒字倒産/組戻/グローバルマーケティング/グラミン銀行/気配値/現金通貨/景気動向指数/経済白書/限月/公正取引委員会/公的資金投入/個人向け国債/固定費/コンプライアンス経営/債券/裁定取引/歳入/先物為替/

Site web : FX用語

Brèves

22 septembre 2011 - Manifeste contre le dépouillement de l’école

A lire voire signer sur http://ecole.depouillee.free.fr Nous, collectif contre le (...)

20 avril 2010 - NON AUX RETOURS FORCES VERS L’AFGHANISTAN

A la suite du démantèlement du camp principal de Calais, le 22 septembre dernier, où résidaient (...)

31 juillet 2009 - PETITION POUR L’HOPITAL PUBLIC, A SIGNER ET FAIRE SIGNER

la pétition de défense de l’hôpital public, à faire signer au plus grand nombre possible (...)